1. HOME
  2. ブログ
  3. 並行輸入とは?正規輸入品と並行輸入品の違いと注意点

並行輸入とは?正規輸入品と並行輸入品の違いと注意点

並行輸入品とは何か?

輸入ブランド品ショップなどで「並行輸入品」という表記を見ることがあります。
価格が安く、偽物じゃないかと心配になる人もいると思います。
並行輸入品について簡単にわかりやすく説明します。

正規輸入品とは?

「並行輸入品」とは、「正規輸入品」と異なる会社(人)が輸入した商品のことです。
高級ブランド品や自動車・時計などは、きちんと管理できる正規代理店や直営店のみを販売店として決めています。ここで売られるのが「正規輸入品」。
販売店を限定することでしっかりしたアフターサービスを提供し、ブランドイメージを守っているのです。
<正規輸入>
海外メーカー → 〔日本〕直営店・正規代理店 → 消費者

並行輸入品とは?

「並行輸入品」は、輸入者が海外の販売店から商品を買い付けて日本で販売しているものです。
本物を輸入してくれば、商品は本物。購入するのに問題はありません。
<並行輸入>
海外メーカー → 海外直営店・正規代理店・販売店など → 輸入者 → 〔日本〕販売店 → 消費者

消費者にとっての並行輸入品と正規品の違い

Amazonには並行輸入品ストアがあり、化粧品やコスメ、香水、ボトル水、ワインやウイスキーなど多様な商品が並んでいます。
消費者にとって並行輸入品と正規品の違いは何でしょうか?

並行輸入品のメリット

消費者にとって最大の並行輸入品のメリットは価格が安いことです。
正規品はブランドイメージを大事にするので安売りをしません。
これに対して並行輸入品は一般的にだいぶ安く売られています。
ほかに、日本未上陸のモデルや、在庫切れの商品など、日本ではレアな商品が探せるのも並行輸入品のメリットです。

並行輸入品のデメリット

逆に正規輸入品のメリットは、ブランドが保証する安心感です。
正規輸入品では、メーカーが商品包装や説明書を日本語にし、正規のアフターサービスを提供しています。
並行輸入品にはこれがありません。説明は英語や現地の言葉で書かれていて、正規代理店が提供するメンテナンスや修理は受けられません。(一部受けられるものもあります)
車や時計などメンテナンスが必要なものは、並行輸入品を扱う販売店の保証を確認しておきましょう。
また、本物かどうかも判断する必要があります。正規輸入品のように仕入れルートが限定されていないので、並行輸入品はコピー品の可能性があるからです。

輸入ビジネスで並行輸入するのは合法?

結論からいうと、並行輸入は合法です。税関で商品が止められることはありません。
但し、仕入れ元との契約書や、注文請書(order confirmation)の内容には注意が必要です。日本で売らないという条件があったら、契約違反なのでやめましょう。
また、中国で生産を下請けしているメーカーから「横流し」の形で購入するのもお勧めできません。突然供給を停止されたり、不良品をつかまされたりする可能性があります。

裁判所の判断は?

メーカーや正規輸入代理店の側からは、並行輸入はブランド価値の無断使用と訴えて、多くの裁判が起こされてきました。
過去には商標権や特許権の侵害にあたるとされていましたが、現在は判例に基づき並行輸入品は権利侵害にあたらないとされています。
但し、商品が本物であることや、明白な合意違反がないことなどの条件があります。

輸入時の許認可等は省略できない

並行輸入は合法ですが、商品ごとの法規制(食品衛生法、薬事法など)への対応は必要です。
これは通常の輸入と同じ。
正規輸入品があるからといって、輸入時の許認可等は省略できないことに注意しましょう。

独占販売権と並行輸入の関係

一方で独占販売権を得て販売している立場からは、並行輸入品が入ってくると、値崩れが起きるという問題点があります。
そもそも販売を「独占」できなくなってしまうので、独占販売権のメリットが減ってしまいます。
メーカー側からしても並行輸入はできれば排除したい存在です。
メーカーは地域ごとにマーケティングを実行していて、独占販売代理店もその一環として設定しているので、並行輸入によってかき乱されてしまうのは困るのです。
このため、メーカーから販売店に対して、契約にない地域・相手に売らないように指導してもらうことはできるでしょう。
しかし残念ながら、禁止することはできません。多くの国に独占禁止法にあたるルールがあり、メーカーが販売店に対して売り先を命令することはできないからです。

正規輸入品と並行輸入品を使い分ける

「正規輸入品」は限定的な販売ルートでしっかり管理して販売されている商品です。
これに対して「並行輸入品」は途中からこのルートを外れ、別の会社(人)が輸入した商品のことです。
並行輸入は合法で、買うのも売るのも問題ありませんが、並行輸入はメーカーのサポートが期待できない、偽物が紛れ込む可能性があるなどの点に注意が必要です。
安心度を取るなら正規輸入品、価格や日本未上陸の商品などの自由度を取るなら並行輸入品と使い分けるとよいでしょう。

貿易ビジネスの最新情報を
無料でGETする方法
海外ビジネス20年の現役コンサルタントが
『ホット』な貿易ビジネス情報を配信!
メルマガ登録者にはプレゼントやイベント案内も有り!

↓↓↓今すぐ登録↓↓↓

※ご登録いただいたメールアドレスに貿易ビジネス情報を配信します。
※「メールが届きません」というお問合せをいただくことがあります。迷惑フォルダーに届いているケースがあるようです。メルマガ登録直後にシステムから自動にサンクスメールが送られますので迷惑フォルダに届いてないかをご確認いただければと存じます。お手数おかけします。
メールマガジンの停止はお問い合わせよりご連絡下さい。

関連記事