1. HOME
  2. ブログ
  3. ユーロとはどんな通貨?ユーロとEUの関係を簡単に解説

ユーロとはどんな通貨?ユーロとEUの関係を簡単に解説

ユーロとは何かを説明する記事中のイメージ画像です。たくさんのユーロ紙幣がいろどり鮮やかに並んでいます。

ユーロとは何か?

ユーロとは、EU(欧州連合)の多くの国で使われる共通の通貨です。
通貨記号は「€」で、通貨コードは「EUR」。
アメリカドルに次ぐ2番目の国際通貨として世界的に認識されています。

ユーロとはEUの通貨ではないの?

ユーロはEUの欧州単一通貨として構想され、1999年にスタートしました。
このため原則的には「EUの通貨=ユーロ」という位置付けですが、現段階ではEUの一部の国はユーロを採用していません。
ユーロ採用国の経済圏のことを「ユーロ圏」と呼びます。
EUというヨーロッパの国の集まりの中に、経済的により厳しいルールを共有するユーロ圏がある、というイメージです。

ユーロ圏の国々

ユーロが使える国は、EU加盟27カ国のうち19ヵ国(オーストリア、ベルギー、キプロス、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、リトアニア、ラトビア)です。
このほか、EU域外にもユーロを法定通貨にしている国が6カ国あります。

ユーロが使えない国がある

EU加盟国でもユーロが使えない国があるので、注意が必要です。
たとえば、デンマークでは自国通貨クローネを使っています。
イギリスは、2020年にEUを脱退しましたが、以前から自国通貨のポンドを使用しているため、通貨は変わりません。
このほか、ブルガリア、クロアチア、ポーランド、ルーマニア、スウェーデン、チェコ、ハンガリーがユーロ未導入です。

円やドルとユーロとはどう違うの?

日本なら日本円、アメリカならアメリカドルのように、通貨はそれぞれの国が独自に発行するのが一般的です。
その中で、ユーロは現在25ヵ国で使われる共通の通貨というのが特徴です。
ECB(欧州中央銀行)が発行・管理しています。

国境で両替がいらない

ユーロの最大のメリットは、ユーロ圏内で両替をする必要がないことです。
移動の際に便利なほか、同じ通貨で売買できるので、国境を越えた取引が簡単。物の価格を比較するのも簡単です。
EUの多くの国では、シェンゲン協定で出入国手続を不要にしているので、通関手続きもなく、同じ国のように、人や物が国境に関係なく行き来できるようになっています。

ユーロは旅行者にも貿易にも便利な通貨

EUができた目的の一つは、加盟国の間で人や物が自由に移動できる一つのマーケットを作ることです。
ユーロはその統一マーケットの通貨として、複数の国で共通して使えるように作られました。
例外の国もありますが、ユーロという一つの通貨で多くの国をカバーできるので、旅行も多国間の貿易も煩わしさがなく便利な通貨です。

ユーロが使える国はこちらでご確認ください。

貿易ビジネスの最新情報を
無料でGETする方法
海外ビジネス20年の現役コンサルタントが
『ホット』な貿易ビジネス情報を配信!
メルマガ登録者にはプレゼントやイベント案内も有り!

↓↓↓今すぐ登録↓↓↓

※ご登録いただいたメールアドレスに貿易ビジネス情報を配信します。
※「メールが届きません」というお問合せをいただくことがあります。迷惑フォルダーに届いているケースがあるようです。メルマガ登録直後にシステムから自動にサンクスメールが送られますので迷惑フォルダに届いてないかをご確認いただければと存じます。お手数おかけします。
メールマガジンの停止はお問い合わせよりご連絡下さい。

関連記事