1. HOME
  2. ブログ
  3. ドロップシッピングとは?手軽にネットショップを始めるには?

ドロップシッピングとは?手軽にネットショップを始めるには?

ドロップシッピングとは?

「ネットショップを始めたい!」と考えている人は多いでしょう。自分の店を持つのが夢という人、副業で商売したいという人。
でも気になるのが、必要な資金、そして運営にかかる時間です。
なるべく小さい資金であまり手を掛けずにネットショップを始めたいと思うなら、ドロップシッピングという方法があります。
ドロップシッピングは、通常のネットショップとアフィリエイトの中間。
在庫リスクなし、発送の手間なしでネットショップを運営することができます。
ドロップシッピングのしくみと、メリット・デメリットを紹介します。

ドロップシッピングのしくみ

ドロップシッピングとは、在庫を持たずに商品を販売し、注文が入ったらメーカーや卸から購入者に直送するビジネスモデルです。
多くの場合はDSP(ドロップシッピング・サービス・プロバイダ)と契約し、DSPが提供する商品から選んで自分のサイトで販売します。
販売時点では在庫なし。商品が売れてから仕入れる無在庫販売です。
商品が売れたら、取引としてはDSPなどから商品を仕入れますが、商品はDSPやメーカー・卸から購入者に直送発送されます。
物流がシンプルになるのがポイントです。

ドロップシッピングのメリット

ドロップシッピングのメリットは、通常のネットショップやアフィリエイトとの違いにあります。

通常のネットショップとの違い

通常のネットショップでは、販売する前にまず在庫を仕入れます。在庫はなかなか売れない場合もあるので、資金が小さいビジネスには在庫金額・在庫リスクは負担です。
ドロップシッピングはこの在庫の負担がゼロ。
また通常のネットショップだと、仕入れた商品を受け取り、売れたら梱包して発送する手間や時間がかかります。
ドロップシッピングでは商品は直送になるので、商品を直接扱うことがありません。在庫スペースや梱包する場所もいらないので、狭い自分の部屋でも運営可能。
通常のネットショップより手軽に自分のショップを持てるのです。

アフィリエイトとの違い

出荷しないならアフィリエイトでいいんじゃないの?と思った人もいるかもしれません。
アフィリエイトは商品を紹介するリンクを自分のサイト上に置いて、購入者はリンク先の広告主から購入するしくみです。アフィリエイトは紹介のみ。報酬(紹介料)を決めるのは広告主です。
これに対してドロップシッピングは自分で販売します。仕入れ価格は仕入れ元が決めますが、販売価格を自分で設定できるのが魅力。
手軽に自分のネットショップを持てて、うまくいけば利益も大きくできるのがドロップシッピングのメリットなのです。

ドロップシッピングのデメリット

ドロップシッピングはネットショップ運営なので、入金確認や顧客対応など、それなりの手数が掛かります。
(DSPによって代行してくれるところもあります)
中でもクレーム対応は早めの対応が必要で、精神的にも負担になる業務です。
また、集客やサイト育成のためには宣伝やブランド作りも欠かせません。そのための努力やコストも必要です。

ドロップシッピングは儲からない?

ドロップシッピングに特有のデメリットもあります。
商品はDSPが提供する中から選びますが、多くのショップが売れている商品に殺到するので価格競争が起きがちです。
人気商品で大きな利幅が得られるとは思わない方がいいでしょう。
さらに、人気が集中すると品切れになりやすいという問題があります。
欠品になると、注文してくれた顧客に謝罪を含めた対応が必要です。販売するECモールで評価が下がることもあります。
こまめに在庫状況の確認をするなど、欠品対策をすることをお奨めします。

ドロップシッピングの始め方・やり方

では、ドロップシッピングを始めるにはどうしたらいいでしょうか?

DSPと契約する

まずDSPと契約するのが一般的。もしくは「NETSEA」などで消費者直送をしてくれるサプライヤーを探します。
DSPには「TopSeller」や、オンラインストア支援のShopify と提携している「Oberlo」などがあります。
(「もしもドロップシッピング」は2020年に終了)
DSPによってカバーする業務やサービス内容、無料・有料などそれぞれです。
興味がある分野の商品を扱うDSPを選ぶといいでしょう。

販売サイトを作る

次に商品を販売するためのサイトを作ります。方法は2通り。
1つ目は、Amazonや楽天などのECモール上に開設する方法です。必要なツールが用意されているので簡単。
2つ目は、独立したネットショップを作る方法です。
DSPによっては、ネットショップを簡単に作成できるようなサービスを提供・提携していて、ショッピングカート(決済システム)も提供している場合があります。
契約するDSPが推奨する方法を選ぶとスムーズでしょう。
WordPressとレンタルサーバーを使って作成することも可能です。

参考記事:ECサイトの種類と特徴まとめ 利益を伸ばせる適切なECサイトの選び方

商品選択とコンテンツが重要

ドロップシッピングで重要なのは商品選びとサイトのコンテンツです。
買いたい人が多そうな商品を選び、その商品を買いたくなるような訴求力のある文章やデザインを作って販売します。
多くのショップがある中で、自分のショップで購入してもらうためには、価格とともにコンテンツが重要。
専門性があるなど内容が信頼できるサイトだと、安心して買えるしリピート訪問も増えるのです。
サイトができたらSNSや宣伝などで集客しましょう。

商品を入れ替えなどメンテナンス

商品が売れたら顧客への連絡や発注などの手続きをします。(やり方はDSPによります)
ショップを継続して運営していくにはメンテナンスが重要。
販売サイトのアクセス解析をして、商品やコンテンツを入れ替えていきます。
在庫切れなどのチェックもお忘れなく。

ドロップシッピングでネットショップにチャレンジ

ドロップシッピングとは、商品をメーカー・卸から購入者に直送することにより、在庫リスクなし、梱包・発送の手間なしで販売する方法です。
越境ECを使えば海外からのドロップシッピングも可能。但し、発送に関するクレーム対応は覚悟する必要がありそうです。
在庫リスクや物流面の手配から解放されるというメリットがある一方、商品や仕入れの面で選択肢が狭まるというデメリットがあります。
副業のネットショップを低リスク・低予算で始めたいときや、運営しているネットショップの商品数やアクセス数を増やしたいときには、ドロップシッピングを検討してみてはいかがでしょうか。

貿易ビジネスの最新情報を
無料でGETする方法
海外ビジネス20年の現役コンサルタントが
『ホット』な貿易ビジネス情報を配信!
メルマガ登録者にはプレゼントやイベント案内も有り!

↓↓↓今すぐ登録↓↓↓

※ご登録いただいたメールアドレスに貿易ビジネス情報を配信します。
※「メールが届きません」というお問合せをいただくことがあります。迷惑フォルダーに届いているケースがあるようです。メルマガ登録直後にシステムから自動にサンクスメールが送られますので迷惑フォルダに届いてないかをご確認いただければと存じます。お手数おかけします。
メールマガジンの停止はお問い合わせよりご連絡下さい。

関連記事