1. HOME
  2. ブログ
  3. 並行輸入品とは?ブランド品に日本正規品と安い並行輸入品がある理由

並行輸入品とは?ブランド品に日本正規品と安い並行輸入品がある理由

ブランド品が安く買える並行輸入品とは?

ブランド品が安く買える並行輸入品はインターネット通販で人気です。
アマゾンには並行輸入品ストアがあり、有名ブランドの時計や財布などが並んでいます。
楽天市場でも「並行輸入品」の検索ワードで検索可能です。
並行輸入品の魅力はなんといっても安いこと。
それに日本未上陸のモデルが売られていることもあります。
でも、並行輸入品とは実際のところ何なのでしょうか?
買ったり売ったりして大丈夫?
正規品と何が違うのか、安い理由を並行輸入品が存在する理由から解説します。

なぜブランド品には正規輸入品と並行輸入品があるの?

並行輸入品とは、ブランドが認めている正規輸入ルートとは別の人・会社が輸入した商品のことです。
つまり商品が本物であっても、販売ルートが違うと並行輸入品になるということ。
なぜ偽物ではないのに、正規輸入品と並行輸入品とを区別するのでしょうか?

ブランド品の販売戦略

並行輸入品があるのは基本的にブランド品です。
高級ブランド品はブランド価値が生命線。
ブランドイメージを作り維持できるように、販売方法や価格を管理。品質管理や丁寧なアフターサービスと合わせて信頼感を醸成しています。
このような一定のサービスを提供するため、高級ブランド品では販売契約を結んだ正規代理店や直営店のみで販売するのが一般的です。
こうして販売されるのが正規輸入品。
デパートや公式オンラインショップが代表例です。

並行輸入品は非公認

一方で並行輸入品は、ブランドを持つ会社が決めた販売ルートの外で輸入・販売された商品です。
日本正規品が海外メーカーなどから輸入されるのに対し、並行輸入品は海外の小売店や個人から購入して輸入されています。
ブランドからすると、この並行輸入品は困った存在です。
築き上げたブランドの知名度・イメージを勝手に利用される上、ブランドマーケティングがかき乱されてしまうからです。
しかし各国の独占禁止法違反になるため、販売を止めることはできません。
このため、正規輸入品に識別用のタグを付けるなどの方法で、並行輸入品を見分けて対応しています。
並行輸入品とは(商品が本物なら)合法だけれど、ブランド非公認の商品なのです。

並行輸入品が安い理由は?

ここまで見てきたようにブランド正規品の販売には、高いサービス水準での販売・アフターサポートなど手間とお金がかかっています。
ブランド宣伝も巨額のマーケティング投資です。
一方、並行輸入品はブランド維持の経費がかかりません。一般の商品を転売するのと同じです。
また、正規品はブランドイメージを守るために安売りをしないのに対して、並行輸入品は値付けが自由。一般的に正規品より少し安い価格設定になっています。

並行輸入品を買うときの問題は?

安い価格が魅力的な並行輸入品ですが、買っても問題はないでしょうか?
商品が本物なら違法ではないという点は安心ですが、注意したい点もあります。

正規のアフターサービスがない

修理やメンテナンスなど、正規代理店が提供している商品のアフターサービスは一般的に受けられません。
メーカーの製品保証も受けられない可能性が高いので、並行輸入品を購入する販売店の保証を確認。
また、車や時計などメンテナンスが必要になるものは、販売店のメンテナンス体制を確認してください。
実績や口コミ、連絡先が明記されているかなどを確認して、信頼できるショップを選ぶことが大切です。

日本仕様ではない

日本で売られている国内正規品は、日本語のパッケージにしてあったり、日本向けに厳しい外観基準を設けていたりする場合があります。
並行輸入品は海外の販売店から購入した商品なので、日本向け仕様の商品ではありません。
商品包装や説明書の表記に日本語がないことは覚悟して買いましょう。
電気製品の場合は、電圧や周波数などが使いたいエリアに合う仕様か確認してください。

ニセモノの可能性

並行輸入品はブランド保有企業と直接契約していないので、仕入れるときにコピー品が紛れ込む可能性があります。
激安で売られている商品は怪しいと思った方がいいでしょう。
また、偽物の可能性があるので、並行輸入品は引き取らないブランド買取業者が多いようです。

並行輸入品を転売するときの問題は?

並行輸入品を転売するときにも、買う場合と同じ問題点が発生し、購入した顧客から問題を解決することを求められます。
たとえば使い方が複雑な商品では日本語の説明書を準備するなど、前もって対応した方がいいでしょう。
メーカーの製品保証やアフターサービスが受けられない場合には、購入者とトラブルにならないように販売ページに明記したり、自前で交換・修理したりという対応が必要です。

コピー商品は違法

仕入れる商品が本物かどうかの責任を負うのは輸入者です。
コピー商品、いわゆる偽物・類似品の輸入は禁止されています。関税法違反で処罰の対象です。

契約違反に注意

ブランドは商標権などの知的財産権で保護されているので、商標の無断使用で訴えられるリスクがあります。
仕入れの契約書や注文請書(order confirmation)に日本で販売をしないという条件がないか確認してください。
工場からの横流し品など、仕入れより前にブランドとの契約違反があるケースにも注意が必要です。

日本の規制への対応

海外で仕入れた商品が日本の法律に合っているか確認するのも輸入者の責任です。
たとえば化粧品には薬機法の規制があります。
日本では使えない成分があるので要確認です。日本正規品では配合成分を変えている可能性があります。
また成分表示などの日本語表示を付けることも必須。
尚、化粧品を輸入販売するときには、許可の取得や、品目ごとの届出が必要です。

並行輸入品に向くもの・避けたい場合とは?

並行輸入品とは、ブランドが決めた正規代理店や直営店以外の販売ルートで輸入・販売された商品です。
商品が本物なら合法ですが、デメリットもあるので、特徴を理解して使い分けるといいでしょう。
プレゼントで贈るものや、構造が複雑な商品、修理して使いたい商品は、国内正規品を購入してサービスを受けるのがおすすめです。
英語の取扱説明書でも気にならない人や、メンテナンスの必要ない商品は並行輸入品向きといえます。

貿易ビジネスの最新情報を
無料でGETする方法
海外ビジネス20年の現役コンサルタントが
『ホット』な貿易ビジネス情報を配信!
メルマガ登録者にはプレゼントやイベント案内も有り!

↓↓↓今すぐ登録↓↓↓

※ご登録いただいたメールアドレスに貿易ビジネス情報を配信します。
※「メールが届きません」というお問合せをいただくことがあります。迷惑フォルダーに届いているケースがあるようです。メルマガ登録直後にシステムから自動にサンクスメールが送られますので迷惑フォルダに届いてないかをご確認いただければと存じます。お手数おかけします。
メールマガジンの停止はお問い合わせよりご連絡下さい。

関連記事