1. HOME
  2. 特集
  3. カザロ=輸入ビジネスのあらゆる課題をワンストップで解決

SPECIAL

特集

カザロ=輸入ビジネスのあらゆる課題をワンストップで解決

輸入ビジネスのあらゆる課題をワンストップで解決するKathaloコンサルティングについて説明した記事中のイメージ画像です。ネクタイを直す男性の凛々しげな姿が写っています。

カザロコンサルティングとは

カザロコンサルティングは、海外ビジネス20年の経験豊富なコンサルタントが、輸入ビジネスを成功に導くためあらゆるフェーズでカスタマイズされた実践的な支援を行うコンサルティングカンパニーです。

後述しますが、輸入ビジネスにはさまざまな障壁や難題課題が存在し、魅力的で利益の見込める業種でありながら、参入に踏み切れない個人や企業が多くいらっしゃいます。

そうした課題をワンストップで解決し、もっと多くの人に輸入ビジネスの面白さを知ってほしい、もっと多くの日本人に広い世界に飛び出していってほしい、そうした想いからカザロのコンサルティング事業はスタートしました。

ちなみにカザロ(KATHALO)とは、スペイン語のカタロ(catalo、味わう)と日本語のカザル(kazaru、飾る)を掛け合わせた言葉で、会社が考える輸入ビジネスの本質を言い表しています。

輸入ビジネスとは

輸入ビジネスとは何かを端的に説明すると、日本では買えないものや日本より安くで買えるものを海外で購入し、日本へ輸送・販売して利益をあげる、ということになります。

海外メーカーにとっては販路が拡がり、日本の消費者は欲しいものが手に入る、両者の希望をかなえることができます。距離があり、それを代わりに埋めることで成り立つビジネスモデルで、商品の目利きや売値と買値の差額を生み出すテクニックが鍵となります。

ビジネスを軌道に乗せることで関わる人をハッピーにし、同時に自らも利益をあげることができるのです。

収益面以外にも、ビジネスを行う側に多くのメリットがあります。

なにより、海外と繋がれることです。広い世界に目を向けることができます。商品の探索は全世界が相手で、地球規模のスケールで仕事ができます。海外の国や街、外国の人やモノ、海外旅行が好きな人にとっては毎日が刺激と喜びの連続です。

輸入ビジネスの難題・課題

それだけ魅力的で利益も出るビジネスなら、もっと多くの人がそれに関わっていても良いのではないか。そう思われるかもしれません。実は輸入ビジネスの周辺には、魅力があると知りながら、なかなか手を出せないでいる多くの人がいます。最初に書きましたが、さまざまな障壁が難題課題が立ちはだかるからです。

メーカーと消費者の間にある距離を代わりに埋める、と先ほど書きましたが、この距離こそが何より大きな障壁です。それを埋めのは簡単ではありません。

具体的にどういったことがあるか以下で見ていきましょう。

言葉の壁

商品の良し悪しが分かり、ビジネスの才覚もあるが、どういうわけか外国語だけはどうやっても身につかないという人がいます。忙しすぎて語学の習得にまで手が回らないという人もいるでしょう。日常会話ぐらいならどうにかなるが、交渉や契約まではさすがに自信がない場合もあります。

ネットで完結する初級の輸入ビジネスであれば、Webの翻訳ツールなどでどうにかなります。しかし現地へ行って商品を発掘し、独占販売権を得て国内へ輸送して・・といったスケールで輸入ビジネスを考える場合、高いレベルの言語力がどうしても必要になります。

不利な契約を押しつけられる場合もありますし、そもそも初動でしっかりコミュニケーションが取れないと、信頼関係が作れず、交渉以前にまで至らないケースがほとんどです。

カザロコンサルティングでは、海外ビジネス20年のプロが現地へ同行し、メーカーとの交渉や契約を親身にサポートします。同行人数を5名までに制限していることで、1人1人のニーズやプランとしっかり向き合い、一度の渡航でことが済むよう、契約から輸送の手配まで話を進めます。

国ごとの商習慣の壁

言葉に次いで難しいのが、それぞれの国の商習慣にどのようにアジャストしていくかです。交渉の仕方も国や地域によって違いますし、ビジネスの進め方、品質についての考え方など、日本と外国では驚くほど違う場合が多々あります。

郷に入っては郷に従えで、相手の国に出向いて交渉や契約を行う以上、こちらのやり方を一方的に押しつけるだけでは話が進まず、逆に相手のやり方に合わせるだけでは足元を見られてしまいます。互角以上に渡り合うにはコツやテクニックが必要で、それを身につけるには言語以上に多くの時間や経験を必要とします。

カザロのコンサルタントは、長い海外赴任と豊富な輸入ビジネスの経験から、各国で通じる交渉のノウハウを熟知しています。クライアントが海外メーカーと契約を結ぶ際、それを少しでも有利なものに導くことができます。

通関の煩雑な手続きの壁

国境を越えて物品を持ち込む場合、税金以外にも特有のさまざまな手続きを行う必要があります。貿易特有の制度や仕組みも一般の人にはなじみが薄く、良品を見つけても輸送時の壁にひっかかって時期を逃したり、苦労する人が少なくありません。

カザロのコンサルタントは大企業同士の貿易にも精通しており、独特の制度や手続きに対しても事前にしっかりと説明・準備をサポートします。タイミングが大切な輸入ビジネスにおいては、それだけでも大きなアドバンテージが得られます。

国内販路・販促の壁

外国の良い物を日本に持ち込んでも、それを消費者の元に届けなければビジネスにはなりません。ECサイトを使う一般的な方法も初期の段階では有効ですが、ビジネスが大きくなるにつれて、企業相手の卸売に移行するなど売り方も変えていく必要があります。

一般的な輸入コンサルとカザロの大きな違いは、帰国後の支援がどこよりも充実している点です。どうしてそれができるかというと、カザロのコンサルタントが現役のビジネスプレイヤーとして、独自の販路や販売手法を数多く有しているからです。お客様のビジネスレベルや扱う商材に合わせて、最適な販売手法を選択し、それを軌道に乗せるまでしっかりとサポートいたします。

カザロで輸入ビジネスが走り出す

カザロでは、顧問契約数をしぼり、海外展示会などへの同行も小人数制にしています。1人1人にカスタマイズされた濃密なサポートを提供したいからです。

1人でも多くの皆さんに輸入ビジネスの面白さを知ってもらい、多くの利益を享受していただけるよう全力を尽くします。

貿易ビジネスの最新情報を
無料でGETする方法
海外ビジネス20年の現役コンサルタントが
『ホット』な貿易ビジネス情報を配信!
メルマガ登録者にはプレゼントやイベント案内も有り!

↓↓↓今すぐ登録↓↓↓

※ご登録いただいたメールアドレスに貿易ビジネス情報を配信します。
※「メールが届きません」というお問合せをいただくことがあります。迷惑フォルダーに届いているケースがあるようです。メルマガ登録直後にシステムから自動にサンクスメールが送られますので迷惑フォルダに届いてないかをご確認いただければと存じます。お手数おかけします。
メールマガジンの停止はお問い合わせよりご連絡下さい。