1. HOME
  2. ブログ
  3. 副業の輸入ビジネスで収入源を増やそう

副業の輸入ビジネスで収入源を増やそう

輸入ビジネスを副業として収入源を増やす、その方法について書かれた記事中のイメージ画像です。ノートパソコンを開いた女性がスマホの画面に目を奪われています。

今の時代、働き方改革の影響などもあって、複数の収入源を持つことは珍しくなくなりました。

しかし、本業の仕事に加えて時間的な拘束のある副業が難しい方もいらっしゃるでしょう。

今回は、気軽に副業として始められる輸入ビジネスについてご紹介します。

副業で輸入ビジネスにチャレンジ

まずは副業で輸入ビジネスにチャレンジするために抑えておくべきポイントをチェックしましょう。

輸入ビジネスとは海外の商品を国内で販売すること

日本国内で希少なものや販売されていないものを海外から輸入して販売するのが輸入ビジネスの基本です。

逆に言えば日本国内で気軽に買えるものを輸入しても利益が出ません。

基本的に買ったものに対して送料も含めて上乗せすることで利益を出すということを覚えておきましょう。

輸入元の海外ショッピングサイトを探す

次に日本に輸入できる海外ショッピングサイトを探しましょう。

クレジットカードやPayPalで支払いが可能なサイトを探すことが大切です。

また、同じ商品でもショッピングサイト毎に金額が違うので複数のサイトを抑えておくことが重要となります。

国内で販売する経路を考える

輸入した商品を販売する方法として、メルカリなどのスマホアプリ、Yahooオークションやアマゾンなどのアカウントを作成しましょう。

その際、それぞれのサイトの規約や条件などをしっかりとチェックしておくことが大切です。

輸入した商品を発送する方法を決める

海外のショッピングサイトから直接購入者に配達できる「無在庫販売」ではない限り、輸入した商品を購入者に発送するための方法が必要となります。

配送料金の兼ね合いを考えながら、安全に配達してくれる業者を選ぶことが大切です。

また、発送する方法も一つではなく、複数抑えておくと購入者に応じて配送の使い分けができるので便利です。

自分の好きなものや得意とするジャンルを見つけよう

海外から輸入して国内で販売して利益を上げたい場合、まったく未知のジャンルですと「価値」がわからず、どのように利益を上げれば良いのか悩むことになります。

自分の知識や経験、趣味や得意なもの、詳しいものから「これは確実に高く売れる」と感じたものや「少なくとも配送料を除いて10%~20%は上乗せできる」ものを見極められようにしましょう。

例えば海外ブランドのファッション系で狙っていくとして、日本国内では販売されていない商品であれば、かなり高い確率でニーズがあります。

しかし、ファッションやブランドの知識や経験がないと「目利き」ができません。

誰でもわかるような「売れる商品」を選ぶだけでなく、他の人にはわからないけど、ニーズのある商品を探すのが重要です。

最初は小さく始めて小さく利益を上げることが大事

輸入ビジネスは儲かる!という言葉もよく聞きますが、最初の段階では小さく始めて、小さく利益を上げることが大切です。

それこそ、送料別で100円、200円とは言いませんが、1000円、2000円の利益となるところから始めてみましょう。

一度でも輸入して荷物が届き、購入されて発送し、代金が手に入るという流れになれば、あとは商品の数や作業する時間を増やすだけで着実に利益を出せるようになるからです。

いきなり月に30万!というより、月に5つの商品をそれぞれ2000円利益が出るようにして、総額1万円の売上となるような目標を立てた方が現実的と言えます。

まとめ

副業でやる輸入ビジネスは比較的時間を必要とせず、空いた時間にスマホでリサーチしたり、休日にパソコンで集中的にリサーチする時間を増やすだけで知識や経験が増えてきます。

実際に一度でも販売する流れを経験できれば、あとは数をこなすだけとなります。

作業の一つ一つは難しいものではなく、単純な流れ作業なので簡単です。

あとは商品に対する目利きやどのように利益をだすかを考えることが重要です。

いきなり大きな金額を目指すのではなく、少しずつ積み重ねる形で輸入ビジネスを進めてみてくださいね。

貿易ビジネスの最新情報を
無料でGETする方法
海外ビジネス20年の現役コンサルタントが
『ホット』な貿易ビジネス情報を配信!
メルマガ登録者にはプレゼントやイベント案内も有り!

↓↓↓今すぐ登録↓↓↓

※ご登録いただいたメールアドレスに貿易ビジネス情報を配信します。
※「メールが届きません」というお問合せをいただくことがあります。迷惑フォルダーに届いているケースがあるようです。メルマガ登録直後にシステムから自動にサンクスメールが送られますので迷惑フォルダに届いてないかをご確認いただければと存じます。お手数おかけします。
メールマガジンの停止はお問い合わせよりご連絡下さい。

関連記事